藍、紅、桜などの伝統色で会場を彩る 東京五輪大会装飾のベースデザイン発表

東京五輪
2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が発表したデザインのベースで作られた、競技会場や街中の装飾などに使うデザイン例(Tokyo 2020提供)

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は17日、競技会場や開催都市の街中などに施される装飾のベースとなるデザイン「コアグラフィックス」を発表した。

 日本の伝統色である藍、紅、桜、藤、松葉が基本の色となり、それぞれ「十二単」に代表される「かさねの色目」をモチーフに、濃淡をつけた図柄に仕上げた。

 コアグラフィックスは競技会場のほか、チケットやボランティアのユニホーム、公式グッズなどに活用される。

 16年リオデジャネイロ大会は青、緑、黄など鮮やかな色が、12年ロンドン大会は紫やピンクが中心だった。