【東京五輪】暑さ対策で歩道に散水実験 「照り返し防ぐ一定の効果があった」 - 産経ニュース

【東京五輪】暑さ対策で歩道に散水実験 「照り返し防ぐ一定の効果があった」

東京五輪ではマラソンや競歩の会場となる皇居外苑で、穴の空いたチューブから散水を行い、暑さ対策の実証実験が行われた=13日午前、東京都千代田区(川口良介撮影)
東京五輪ではマラソンや競歩の会場となる皇居外苑で、穴の空いたチューブから散水を行い、暑さ対策の実証実験が行われた=13日午前、東京都千代田区(川口良介撮影)
暑さ対策の実証実験で実施された、散水した歩道に日傘を差した場合の路面温度の測定=13日午前、東京都千代田区
暑さ対策の実証実験で実施された、歩道に散水した場合の路面温度の測定=13日午前、東京都千代田区
暑さ対策の実証実験で実施された、歩道に散水した場合の路面温度の測定=13日午前、東京都千代田区
 2020年東京五輪・パラリンピックの暑さ対策に向けて東京都は13日、競歩のコースになる皇居外苑の内堀通り(千代田区)で、歩道に散水して路面温度と気温の上昇を抑える「打ち水効果」の実験を行った。今夏の猛暑も踏まえた実験で、散水した場所では路面温度が気温に比べて最大5・3度下がった。
 実験は午前4時から10時まで行われ、小さな穴の開いた農業用ホースを歩道脇に120メートル設置し、散水し続けることで路面の温度上昇をどの程度抑えられるのか30分ごとに計測した。
 午前7時時点で気温が30度に達し、9時には34度を超えたが、散水した路面の温度は27~29度で安定。散水しない場所の路面温度は30度を超えた。日傘の効果も調べたが、曇り空で目立った変化はなかった。
 都の担当者は「散水すると路面温度が上昇せず、路面の照り返しを防ぐ一定の効果があった」と指摘。一方で散水に伴う湿度上昇の可能性や、路面温度が下がることによる体感温度の変化についても分析の余地があるとして、「選手だけでなく観客も快適に過ごせるよう、さまざまな対策を講じていきたい」と話した。