双葉駅を聖火リレーのルートに 吉野復興相が「私の希望」

東京五輪
 再整備されるJR常磐線双葉駅のイメージ(JR東日本水戸支社提供)

 吉野正芳復興相は6日、2020年東京五輪の聖火リレーのルートに、東京電力福島第1原発事故で休止し、再開に向けた復旧工事が始まったJR常磐線の双葉駅(福島県双葉町)を組み込みたい意向を示した。

 工事の起工式に出席した吉野氏は記者団の取材に「私の希望だ」とした上で「リレーを通して、双葉町の復興に向けた再生も一緒にやっていきたい」と述べ、今後、福島県などに要望すると説明した。

 福島県は聖火リレーのスタート地点となることが決まっている。県内の具体的なルートは未定。