新国立競技場建設現場公開 進捗率40% 完成後は「国立競技場」

東京五輪
報道陣に公開された、2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の建設現場=18日午前、東京都新宿区

 2020年東京五輪・パラリンピックを2年後に控え、日本スポーツ振興センター(JSC)は18日、メーンスタジアムの新国立競技場の建設工事現場を報道陣に公開した。JSCによると、開閉会式や陸上競技の会場となる同競技場整備の進捗率は現在約40%。国産木材を使用した屋根は、完成時の高さとなる地上約50メートルに設置され始め、祭典が着実に近づいていることを感じさせた。

 また、JSCは建設事業名として新国立競技場の名称を使い、来年11月の完成後は旧競技場と同じ「国立競技場」として運営することを明らかにした。

 同競技場は平成28年12月に着工。約36カ月を予定する工期は後半に入っており、JSCによると建設は順調に進んでいるという。現在、約2000人の作業員が従事しているが、約60メートルの長さで観客席を覆う屋根の工事が今後本格化するため、約3000~3500人に増員する。