【東京五輪】東京都が競技会場と選手村を公開 工事進捗率20~40% - 産経ニュース

【東京五輪】東京都が競技会場と選手村を公開 工事進捗率20~40%

工事が進められている東京五輪・パラリンピックの選手村=17日午後、東京都中央区(納冨康撮影)
工事が進められている東京五輪・パラリンピックの選手村=17日午後、東京都中央区(納冨康撮影)
工事が進められている東京五輪・パラリンピックの選手村=17日午後、東京都中央区(納冨康撮影)
工事が進められている東京五輪・パラリンピックの選手村=17日午後、東京都中央区(納冨康撮影)
 2020年東京五輪・パラリンピックの選手村建設が進む、東京都中央区の晴海地区。右下は晴海客船ターミナル=11日(共同通信社ヘリから)
建設中のオリンピックアクアティクスセンター。今後、屋根は引き上げられる=17日午後、東京都江東区(納冨康撮影)
建設中のオリンピックアクアティクスセンター。今後、屋根は引き上げられる=17日午後、東京都江東区(納冨康撮影)
建設中の有明アリーナ。左はメインアリーナ、右はサブアリーナ=17日午後、東京都江東区(納冨康撮影)
建設中の有明アリーナ。中央はメインアリーナ、右はサブアリーナ=17日午後、東京都江東区(納冨康撮影)
建設中の海の森水上競技場。右後方はフィニッシュタワー=17日午前、東京都臨海部(納冨康撮影)
建設途中のカヌー・スラローム会場=17日午後、東京都江戸川区(納冨康撮影)
建設中のカヌー・スラローム会場=17日午前、東京都江戸川区(納冨康撮影)
建設中のカヌー・スラローム会場=17日午前、東京都江戸川区(納冨康撮影)
建設途中のカヌー・スラローム会場=17日午後、東京都江戸川区(納冨康撮影)
建設中のカヌー・スラローム会場。後方は葛西臨海公園の観覧車=17日午前、東京都江戸川区(納冨康撮影)
建設中の海の森水上競技場のフィニッシュタワー=17日午前、東京都臨海部(納冨康撮影)
 2020年東京五輪・パラリンピックを2年後に控え、東京都は17日、建設中の4つの競技会場や選手村(中央区)を報道陣に公開した。
 4会場は、カヌー・スラローム会場(江戸川区)▽ボート、カヌー・スプリント会場「海の森水上競技場」(都内臨海部)▽バレーボール会場「有明アリーナ」(江東区)▽水泳会場「オリンピック・アクアティクスセンター」(同区)。都によると、工事の進捗(しんちょく)率は全体の約20~40%。いずれも東京大会前の平成31年度中に整備が終わる予定という。