アシックスがIPCと公式サプライヤー契約

パラリンピック
契約の調印を行った尾山基アシックス会長(左)とアンドリュー・パーソンズIPC会長=9日、東京都千代田区(柳原一哉撮影)

 スポーツ用品メーカーのアシックスは9日、国際パラリンピック委員会(IPC)とオフィシャルサプライヤー契約を結んだ。契約は2020年末まで。IPCの公式イベントでスタッフにウエアや靴を提供。20年東京パラリンピックでは難民選手団のほか、約60の途上国などに計約300人分の競技ウエアを提供する。

 東京都内で調印式に臨んだアシックスの尾山基会長は「新たな責任を胸に、IPCが目指すパラリンピックムーブメントの推進を通じたインクルーシブな社会の創出に貢献していく」と述べた。