平野歩夢、スケボー参戦「時間なくハードだが。可能性あれば」 東京五輪挑戦を検討

平昌五輪
銀メダル獲得から一夜明け、記者会見で心境を語るスノーボード男子ハーフパイプの平野歩夢=15日、韓国・平昌(共同)

 平昌冬季五輪で2大会連続の銀メダルを獲得したスノーボード男子ハーフパイプ(HP)の平野歩夢選手(19)=木下グループ=が15日、平昌で記者会見し、追加種目として採用されるスケートボードで2020年東京五輪挑戦を検討すると明らかにした。

 「ここから目指すのは時間がなく、ハードなトレーニングになる。しっかり整理して考えられたら。可能性があれば、という形で考えている」と述べた。

 金メダルのショーン・ホワイト選手(米国)にも同様の挑戦の可能性が浮上している。(共同)