東京五輪注目選手 大橋悠依 - 産経ニュース

メインコンテンツ

大橋悠依

おおはし・ゆい
  • 生年月日 1995年10月18日
  • 年齢   25歳
  • 所属   イトマン東進
  • 競技種目 競泳女子400m個人メドレー、200m個人メドレー
  • 主な戦績 
  • 2017年 世界選手権200m個人メドレー銀メダル
  • 2018年 アジア大会400m個人メドレー金メダル、200m個人メドレー銀メダル
  • 2019年 世界選手権400m個人メドレー銅メダル
 東洋大1~2年時に患った貧血を克服し、2017年日本選手権400m個人メドレーで従来の記録を3秒以上縮める4分31秒42の日本新記録を樹立。初代表として挑んだ同年の世界選手権では、200m個人メドレーでも日本新記録をマークして銀メダルを獲得。一躍トップスイマーへと駆け上がった。

 長い手足を生かした無駄のないフォームから繰り出す、伸びのある泳ぎが特徴。同じ滋賀県彦根市の出身で、東洋大同期だった陸上男子の桐生祥秀(日本生命)は互いに刺激しあう存在。勝負靴下は、地元の人気キャラクター「ひこにゃん」。

TOKYO2020ニュース

競技別の記事一覧


サイドコンテンツ