朝晴れエッセーのタイトル

 読者の皆様が日々の暮らしの中で、心が動いた出来事をつづったエッセーです。産経新聞朝刊1面に掲載。産経ニュースでは毎朝5時に配信しています。


選考委員

玉岡かおるさん
(作家)

玉岡かおるさんの顔写真

 昭和31年、兵庫県三木市生まれ。神戸女学院大学卒。平成元年に「夢食い魚のブルー・グッドバイ」でデビュー。20年に「お家さん」で第25回織田作之助賞。令和4年、「帆神 北前船を馳せた男・工楽松右衛門」で第41回新田次郎文学賞。大阪芸術大学教授。平成14年、前身の「夕焼けエッセー」から選考委員。

門井慶喜さん
(作家)

門井慶喜さんの顔写真

 昭和46年、群馬県桐生市生まれ。同志社大卒。平成15年「キッドナッパーズ」でオール読物推理小説新人賞を受賞しデビュー。30年「銀河鉄道の父」で第158回直木賞。「マジカル・ヒストリー・ツアー ミステリと美術で読む近代」など著書多数。令和2年1月から「朝晴れエッセー」選考委員。

故 眉村卓さん
(作家、令和元年10月まで選考委員)

眉村卓さんの顔写真

 昭和9年、大阪府大阪市生まれ。大阪大卒。SF小説の第一人者。54年「消滅の光輪」で第7回泉鏡花文学賞、第10回星雲賞。「ねらわれた学園」「妻に捧げた1778話」など著書多数。令和元年10月まで「朝晴れエッセー」選考委員。同年11月3日に死去。

 投稿は600字程度で、氏名と住所、年齢、電話番号を明記し、〒556-8661産経新聞「朝晴れエッセー」係へ。匿名、ペンネームは不可。採用の方のみご連絡します。原稿は返却しません。二重投稿はお断りします。産経新聞と産経ニュースに掲載されたエッセーは産経新聞社の記事データベースに収録し、デジタル・出版部門の他媒体に転載するほか、外部への情報提供サービス等で二次利用することもあります。

朝晴れエッセー

彼岸花・9月24日

彼岸花の花言葉は何だろう。主人の葬儀の日、お骨になってしまった主人を抱いて、車で帰る途中のことだった。窓の外、遠くに燃え立つように群生して咲…

溝を跳ぶ・9月14日

散歩の畦(あぜ)の一筋を違えて、橋のない溝に出くわしてしまった。満開の彼岸花の、どこまでも続く田んぼ道である。100メートルばかり戻れば、い…

会員限定記事会員サービス詳細