昭和天皇の母でありながら、あまり知られることのなかった貞明皇后の生涯をたどるノンフィクション。病弱な夫への献身的な愛、英明な息子との葛藤など、苦悩に満ちた皇后の、波乱の歩みを克明に描く。