PR

スポーツ スポーツ

【鬼筆のスポ魂】ロッテ・清田の謹慎処分解除は受け入れられるか 植村徹也

昨季は主力として活躍したロッテの清田。処分解除は受け入れられるか(撮影・今野顕)
昨季は主力として活躍したロッテの清田。処分解除は受け入れられるか(撮影・今野顕)

 無期限謹慎処分が5月1日に解除されたロッテの清田育宏外野手(35)は本当の意味で1軍戦力として、チームに“合流”できるのだろうか。熱烈ファンからのすさまじい怒りと主力選手との間に生まれた埋めがたい溝…。行く手にはいばらの道が続いている。

 ロッテが清田の無期限謹慎処分解除を発表したのは4月30日だった。球団は「本人の反省の態度を考慮し、5月1日より処分を解除することとしましたのでお知らせします。今回の件に関しまして、日頃よりご声援をいただいているファンの皆さま、ご支援をいただいている関係各位の期待を裏切る事態を招きましたことを、改めて深くおわび申し上げます」とコメント。清田自身も球団を通じ「千葉ロッテマリーンズ球団関係者の皆さま、プロ野球ファンの皆さま、この度は私の軽率な行動により多大なるご迷惑をおかけしたことを改めておわび申し上げます」と反省の弁を述べた。

 清田はソフトバンクとの優勝争いが佳境を迎えていた昨年9月末、遠征先の札幌で知人女性と会食し、チーム宿舎に別の部屋を取って同宿。新型コロナウイルス感染防止のため球団が禁じていた部外者との会食を行っていた。チームでは10月上旬に清田自身を含む1軍の8選手を含む14人の新型コロナウイルス感染が判明し、優勝争いからも脱落。その後、球団や保健所の調査に対して清田は虚偽の説明をしたことなど一連の言動が週刊誌に報じられ、今年1月15日付で無期限謹慎処分を科された。

 ところが、ロッテの処分解除の発表に対して、ファンからのブーイングはすさまじかった。無期限謹慎のはずが、発表から約4カ月後に処分解除。シーズン開幕からは、わずか1カ月で解かれたことに対し、ファンの怒りがヒートアップした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ