PR

スポーツ スポーツ

J1川崎、首位攻防2連戦で名古屋を粉砕し独走 鬼木監督「勝つための努力してくれた」

【サッカーJ1川崎対名古屋】後半、チーム2点目となるゴールを決める川崎・山根視来(左)=等々力陸上競技場(蔵賢斗撮影)
【サッカーJ1川崎対名古屋】後半、チーム2点目となるゴールを決める川崎・山根視来(左)=等々力陸上競技場(蔵賢斗撮影)

 J1川崎が4日、名古屋を下した。

 ゴールデンウイークの首位攻防2連戦で川崎が名古屋を粉砕した。4月29日にアウェーで4-0の大勝を収めたのに続き、ホームでも3-2の勝利。頼もしい選手たちに鬼木監督も「最後の最後まで勝つための努力をしてくれた」と言葉を弾ませた。

 堅守の名古屋を崩し切れずに迎えた前半31分、田中の左CKをジェジエウが頭でたたき込んで先制する。後半5分に左サイドをドリブルでえぐった三笘のクロスを山根がニアで合わせて追加点。9分後には名古屋のオウンゴールで決定的な3点目を奪った。

 今季に9試合連続無失点のJ1新記録を樹立した名古屋に2戦合計7ゴールと自慢の攻撃力を見せつけても、「勝ち点6を取れたのは大きいが、もう終わったこと」とジェジエウ。ライバルにまったくすきをみせない王者が早くも、独走態勢を築こうとしている。

(奥山次郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ