PR

スポーツ スポーツ

原英莉花、初ホールインワンで勢い 2位浮上

【女子ゴルフ『パナソニックオープンレディース』第2日目】ティーショットを放つ、6アンダー2位タイの原英莉花=千葉県市原市の浜野ゴルフクラブ(戸加里真司撮影)
【女子ゴルフ『パナソニックオープンレディース』第2日目】ティーショットを放つ、6アンダー2位タイの原英莉花=千葉県市原市の浜野ゴルフクラブ(戸加里真司撮影)

 パナソニック・オープン第2日(1日・千葉県浜野GC=6638ヤード、パー72)、トップと3打差の10位で出た古江彩佳が通算8アンダーの136で単独首位に立った。13番(パー3)でホールインワンを達成した原英莉花、西村優菜、上田桃子、大里桃子の4人が2打差の2位。

 167ヤードの13番(パー3)。原英が7番アイアンを振り抜くと、ボールはグリーンで弾むことなく、直接カップに吸い込まれた。プロでは自身初となるホールインワンに目を丸くし、驚きの表情のまま両手を上げて万歳し、キャディーとハイタッチ。「じかに入った。ガシャーンと聞こえて。試合では初めて」と興奮を抑え切れなかった。

 尾崎将司に師事する22歳。賞金10万円を獲得し「絶対にまぐれだと言われると思う。何か持っていきます」と照れ笑いした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ