PR

スポーツ スポーツ

バレー中国男子監督「招聘は喜ばしい」 

 バレーボールの東京五輪テスト大会を兼ねた日本、中国の男子代表による1日の国際親善試合で、2024年パリ五輪を見据える中国は、平均身長202・5センチの大型メンバーを先発にそろえ、日本を苦しめた。「自分たちの技術は発揮できた。レシーブや守備が課題」と呉勝監督。帰国後は14日間の隔離が必要になるというが、「今のチームには初の国際試合。招聘(しょうへい)されたのは喜ばしいこと」と話した。

 VリーグのJTでプレー経験のある劉力賓は「(日本滞在中の)衣食住がすべて保証され、安心して試合ができた。感謝している」と述べ、五輪会場となる有明アリーナについても「快適な会場で、コートも照明も設備はすべていい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ