PR

スポーツ スポーツ

リコーで22人陽性 ラグビートップリーグ、9日の1試合中止  

 日本ラグビー協会は1日、トップリーグ(TL)のプレーオフトーナメント準々決勝で9日に予定されていたサントリー-リコー(昭和電工ドーム大分)を中止すると発表した。リコーで22人が新型コロナウイルスの陽性者と判明し、試合登録に必要な23人がそろわないことが確定した。代替試合は行わない。

 今後サントリーが23人の登録が可能な状況かを踏まえ、準々決勝2日前の7日に準決勝(16日・花園ラグビー場)の進出チームを決める。チケットは14日から払い戻しを実施する。

 リコーは4月28日に9選手の陽性を発表。さらにチームから13人の陽性者が出て、全員が濃厚接触者となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ