PR

スポーツ スポーツ

北園の負傷は右肘靭帯損傷 「後ろ向きにならず」

 日本体操協会は20日、全日本選手権決勝(18日、群馬・高崎アリーナ)で負傷した北園丈琉(徳洲会)の診断結果が右肘の靭帯損傷だったと発表した。

 北園は予選を1位で通過。決勝は最終種目の鉄棒の離れ技で落下した際に右肘を痛めて演技を中断し、6位だった。18歳のホープは「予選含めて手応えも感じている。けがをしてしまったことは残念だが、後ろ向きにならずに(5月の)NHK杯、東京五輪に向けて治療と練習に専念したい」とのコメントを出した。

 東京五輪の男子団体総合代表はNHK杯の上位2人がまず決まり、2人との組み合わせでチーム得点が最も高くなる2人が加わる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ