PR

スポーツ スポーツ

【東京五輪 開幕まで100日】体操金の卵、橋本大輝 世界最高難度 自分を信じて

 「あと100日をどうするか。ここから五輪まで短いと思うんですよ。この1年、気付いたら、あっという間に終わっていたから」

 大学1年生だった昨シーズン、順大の学生寮はコロナ対策のため入寮人数を絞り、橋本は入れなかった。千葉県成田市の実家と大学とを車で往復しながら、世間を驚かせる準備は着々と進められていた。

 「五輪選考の試合で1番になって、日本チームを引っ張る覚悟で練習してきた。金メダルという目標に向けて、演技で見せていけたらと思っています」

 日本のホープが、世界の頂に一気に駆け上がる瞬間を目の当たりにできるかもしれない。

■はしもと・だいき 2001年8月7日、千葉県生まれ。市立船橋高-順天堂大。2人の兄の影響で6歳から体操を始め、19年世界選手権で白井健三以来となる高校生で代表入りし、団体銅メダル。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ