PR

スポーツ スポーツ

池江璃花子、400メートルリレーで2枚目の五輪切符

女子100メートル自由形準決勝のレースを終え、電光掲示板を見る池江璃花子。全体の1位で決勝に進んだ=東京アクアティクスセンター
女子100メートル自由形準決勝のレースを終え、電光掲示板を見る池江璃花子。全体の1位で決勝に進んだ=東京アクアティクスセンター
その他の写真を見る(1/2枚)

 白血病から復帰した競泳女子の池江璃花子(20)=ルネサンス=が8日、東京五輪代表選考を兼ねる日本選手権(東京アクアティクスセンター)で女子100メートル自由形決勝に出場し、53秒98で優勝した。派遣標準記録53秒31には届かなかったが、400メートルリレーの派遣標準記録54秒42を突破。100メートルバタフライで獲得したメドレーリレーの代表権に続き、2枚目の五輪切符を手にした。

 池江は7日の予選を54秒30、準決勝を54秒36で泳ぎ全体1位で決勝へ進出していた。日本選手権前、最も代表入りの可能性が高いといわれていたのが、100メートル自由形のタイムで選考する400メートルリレーだった。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ