PR

スポーツ スポーツ

池江、東京五輪代表内定 100メートルバタフライでV

【競泳日本選手権第2日目】女子100メートルバタフライ決勝 優勝しガッツポーズの池江璃花子=東京アクアティクスセンター(恵守乾撮影)
【競泳日本選手権第2日目】女子100メートルバタフライ決勝 優勝しガッツポーズの池江璃花子=東京アクアティクスセンター(恵守乾撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 白血病から復帰した競泳女子の池江璃花子(20)=ルネサンス=が4日、東京五輪代表選考を兼ねる日本選手権(東京アクアティクスセンター)で女子100メートルバタフライ決勝を57秒77で制し、東京五輪代表に内定した。57秒10の派遣標準記録には届かなかったが、400メートルメドレーリレーの派遣標準記録57秒92を突破。混戦を制し、五輪切符をつかんだ。

 2019年2月に白血病と診断された池江は、闘病生活を経て同年12月に退院。20年3月にプール練習を再開し、同8月に実戦復帰した。自身が56秒08の日本記録を持つ100メートルバタフライは、かつて最も世界の頂点に近づいた思い入れのある種目。体への負担が大きいため、復帰後は今年2月の東京都オープンで初解禁。59秒44をマークしていた。

 今大会までは練習量を増やし、持久力強化に励んできた。3日の予選は58秒68、準決勝は58秒48をマークした。決勝には長谷川涼香(東京ドーム)や相馬あい(ミキハウス)ら国内のトップ選手が出場していた。

 準決勝後には「しっかり上位に食い込めるようにしたい。今の自分は前から言っている通り、この東京五輪がメインではない。しっかり経験を積んで、準決勝よりも速いタイムで泳げたらいい」と話していた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ