PR

スポーツ スポーツ

【鬼筆のスポ魂】外国人選手入国でソフト誓約書違反か…他球団にも波紋 植村徹也

プロ野球が開幕。ソフトバンクは5年連続の日本一を目指す=京セラドーム大阪(撮影・薩摩嘉克)
プロ野球が開幕。ソフトバンクは5年連続の日本一を目指す=京セラドーム大阪(撮影・薩摩嘉克)

 新型コロナウイルスの防疫処置を巡り、いきなりソフトバンクの外国人選手の管理不行き届きが分かり、政府の文部科学省とスポーツ庁を怒らせている。影響は12球団全体に及び、3月末から続々と入国し、2週間の隔離期間を過ごしている外国人選手への監視体制は一層厳しくなるだろう。

 文科省の関係者から漏れてきた情報によると、3月28日に来日したソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手(36)とニック・マルティネス投手(30)は出国前のPCR検査と日本到着時の空港検疫で陰性判定を受け、翌29日に福岡市内に到着。入国した成田国際空港からは公共交通機関を利用せず移動した-と球団側から発表されていた。

 ところが、プロ野球12球団が文科省とスポーツ庁に提出した「防疫処置の徹底」を骨子とする誓約書の約束事項を順守していない事実が判明した。

 「文科省とスポーツ庁に対して提出した誓約書は、12球団で合意した統一の内容です。そこには、外国人選手が来日後に宿泊するホテルがあらかじめ指定されていた。しかし、ソフトバンクの外国人選手は指定以外の宿泊施設に泊まっていた。さらに、12球団が誓約書で約束していた球団の担当者も同行していなかったことが、明らかになったのです。外国人選手の入国が緩和され、いきなりの誓約書破りですからね。文科省もスポーツ庁もカンカンです」とは文科省の関係者だ。

 事態を重くみたNPB(日本野球機構=井原敦事務局長)はソフトバンクに猛省を促すとともに、他の11球団にも来日した外国人選手への管理を改めて徹底するよう、緊急要請した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ