PR

スポーツ スポーツ

引退の陸上400・金丸「挑戦し続けられたのは財産」 4月からコーチに

 今月末で現役を引退する陸上男子400メートルの金丸祐三が17日、大阪市内で報道陣の取材に応じ、「可能性があるならボロボロになるまでやろうと思っていたが、可能性がついえた。ここまで挑戦し続けられたのは財産になる」と語った。この日は日本室内選手権で表彰式のプレゼンターを務めた。

 五輪3大会出場、日本選手権11連覇の33歳は、4月から大阪成蹊大のコーチに就任する。「やりたいのは陸上を追究すること。それは変わらない。指導する選手が大きな人間になってもらえたらと思う」と意欲を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ