PR

スポーツ スポーツ

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】もうオーナーの出番でしょう…一刻も早く外国人選手の入国制限緩和を

 閉塞(へいそく)状態の続く中、球界内からは斉藤コミッショナー任せの政府との折衝に疑問を投げかける声が、かなり出始めています。その“疑問符”を一番、強烈に感じていいのは、阪神でもあります。昨年7月6日にオンラインで行われた12球団代表者会議で、斉藤コミッショナーはある人物の名前を連呼しました。

 「私の知人である村上世彰氏から、12球団のPCR検査の費用をすべて持ってもいいという申し出がありました。もし、お願いしたい球団があるならば申し出てください」

 なんと斉藤コミッショナーは阪神にとっては不倶戴天の敵(同じ天の下には一緒にはいない、それほど恨みや憎しみの深いこと)、村上氏の名前を何度も口にし、その場の空気を凍りつかせたのです。

 村上氏といえば、企業の買収・合併に関わるコンサルティングを行っていた「村上ファンド」の元代表です。2005年には阪神電気鉄道の株を買い進め、同年9月には電鉄株26・67%と阪神百貨店株18・19%を保有し、同社の筆頭株主になりました。その後の06年6月に証券取引法違反容疑で逮捕され、阪神関連株は阪急ホールディングス(HD)が引き受け、現在の阪急阪神HDとなった経緯があります。

 阪神は自らの経営・管理の脇の甘さを突かれたとはいえ、阪急阪神HDの100%子会社になってしまった“根源”の人物の名前を12球団代表者会議という公の席で嫌と言うほど聞かされたのです。出席していた谷本修球団副社長兼本部長はハラワタが煮えくり返る思いだったのではないでしょうか。

 こうした“無神経”とも思える発言を行った斉藤コミッショナーに対する12球団首脳の“疑問”は、政府との折衝が全く前進しない状況下で、さらに膨れ上がっています。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ