PR

スポーツ スポーツ

ヤンキースのブーン監督、手術で一時離脱

 米大リーグ、ヤンキースは3日、ブーン監督が心臓のペースメーカー装着手術を受けるため、一時的にチームを離れたと発表した。2009年に心臓手術を受けている同監督は「過去6~8週間は立ちくらみや息切れなどの軽い症状があった」と明かした。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ