PR

スポーツ スポーツ

G大阪で選手ら5人がコロナ感染、夜の名古屋戦は中止に

 サッカーJ1のガンバ大阪は3日、トップチームの選手4人とスタッフ1人が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。チームはJリーグなどとともに、同日午後7時から愛知県豊田市の豊田スタジアムで予定されている明治安田生命J1リーグ第11節、名古屋グランパス戦の実施の可否を協議、中止が決まった。

 ガンバ大阪によると、選手1人が2日朝から発熱を伴う症状があり、同日にPCR検査を実施。夕方に陽性が判明した。現在は自宅で静養している。

 これを受け、他の選手、スタッフにも検査を行い、3日に選手3人とスタッフ1人が陽性と判定された。4人に発熱や体調不良の症状はない。4人のうち選手2人とスタッフ1人は3日の試合のため、既に名古屋入りしていた。また、Jリーグ独自の基準により濃厚接触疑いの選手1人とスタッフ1人に隔離措置が取られている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ