PR

スポーツ スポーツ

2時間20分以内100度に誇り マラソンの川内にギネス認定証

フルマラソン2時間20分以内100回達成がギネス世界記録に認定され、認定証を受け取り笑顔を見せる川内優輝(代表撮影)
フルマラソン2時間20分以内100回達成がギネス世界記録に認定され、認定証を受け取り笑顔を見せる川内優輝(代表撮影)

 陸上男子の川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)がマラソンで2時間20分以内を通算100度達成したとして2日、ギネス世界記録の認定証を東京都内で受け取った。記者会見し「1回なら簡単でも、100回は健康な体を維持しなければできない。この記録は自分のマラソン人生みたいなもの」と喜んだ。

 2009年にマラソンデビューし「公務員ランナー」として活躍。19年4月にプロ転向し、昨年12月に107戦目の防府読売で大台に達した。異例のペースで大会に出て市民ランナーとの交流も重ねる鉄人は「その人に合った目標、いろいろな可能性があるのがマラソン」と魅力を説いた。

 先月28日のびわ湖毎日では初の“厚底シューズ”で臨み2時間7分27秒と、8年ぶりに自己記録を更新。33歳にして伸びしろを実感し「やれるだけのことはやっていきたい」と来年の世界選手権にも意欲を示した。

 18年3月には、78度の2時間20分以内が史上最多だとしてギネス世界記録の認定を受けた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ