PR

スポーツ スポーツ

初実施の複合女子、中村追い上げ届かず4位 世界ノルディック

複合女子個人ノーマルヒル 後半距離で追い上げ、4位の中村安寿=オーベルストドルフ(ゲッティ=共同)
複合女子個人ノーマルヒル 後半距離で追い上げ、4位の中村安寿=オーベルストドルフ(ゲッティ=共同)
その他の写真を見る(1/2枚)

 ノルディックスキーの世界選手権第4日は27日、ドイツのオーベルストドルフで複合女子個人ノーマルヒルを初実施し、中村安寿(東海大)は4位だった。前半飛躍(ヒルサイズ=HS106メートル)で96・5メートルを飛び、115・4点の6位につけ、後半距離(5キロ)で追い上げたが、表彰台を逃した。イダ・ベスボルハンセン(ノルウェー)が制した。

 宮崎彩音(長野・飯山高)は10位、畔上沙那(日体大)は12位、葛西優奈(北海道・東海大札幌高)は16位だった。

 クラシカル走法とフリー走法で半分ずつ滑る距離複合の女子(15キロ)で石田正子(JR北海道)は26位、土屋正恵(弘果ク)は39位、児玉美希(太平洋建設)は42位、横浜汐莉(日大)は45位だった。男子(30キロ)の馬場直人(中野土建)は25位、吉田圭伸(自衛隊)は35位、宇田崇二(福井・奥越特別支援学校教)は44位だった。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ