PR

スポーツ スポーツ

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】西勇離脱の非常事態、コロナ禍特別ルールを上手に利用せよ

ぜんそくでキャンプを離脱した西勇輝(手前)=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・門井聡)
ぜんそくでキャンプを離脱した西勇輝(手前)=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・門井聡)
その他の写真を見る(1/2枚)

 虎投崩壊の大ピンチを救うのは、コロナ禍特別ルールの活用しかないでしょう。阪神は沖縄・宜野座春季キャンプの後半を迎えて矢野燿大(あきひろ)監督(52)が頭を抱える“異変”続出です。左腕の高橋遥人投手(25)が右脇腹筋挫傷、開幕投手の最有力候補だった西勇輝投手(30)もぜんそくの症状で帰阪。先発投手が2人も戦線離脱です。投手力の質量が最大のアドバンテージだった阪神は、3月26日のシーズン開幕戦(ヤクルト戦=神宮)からどのような戦い方をすればいいのでしょうか。最善手はコロナ禍特別ルールを最大活用することでしょう。外国人投手4人、外国人野手1人の4・1ルールと延長十回打ち切りを視野に入れるしかありませんね。

開幕ダッシュ失敗は許されない

 これは大変です。3年目を迎え、勝負の年の矢野阪神にとってはいきなりの大試練到来です。今キャンプは序盤から怪物ルーキー佐藤輝明内野手の豪快な打撃に酔いしれ、いよいよ16年ぶりのリーグ優勝に向けて臨戦態勢が整うのか…と思いきや、キャンプ終盤に来て思わぬ“異変”が続出しました。

 まず昨季は5勝をマークし、今季こそ左腕エースとして先発ローテーションの一角を担ってくれると期待した高橋が16日の楽天戦の登板中に異変を感じ、右脇腹筋挫傷と診断されました。その後は別メニューで調整していましたが、25日の練習終了後に帰阪。「毎回けがばっかりして自分にすごく腹が立つ。いつもこういう形で(期待を)裏切って申し訳ない」とうなだれていました。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ