PR

スポーツ スポーツ

阪神藤浪、開幕ローテ入り前進 3回1失点と粘投

中日との練習試合に登板し、3回1失点とまとめた阪神の藤浪=北谷(水島啓輔撮影)
中日との練習試合に登板し、3回1失点とまとめた阪神の藤浪=北谷(水島啓輔撮影)

 復活にかける右腕がキャンプ最後の登板でまた一歩前進した。阪神の藤浪は27日、沖縄県北谷(ちゃたん)町で行われた中日との練習試合で四回から2番手で登板し、3回を1失点。四球は1つと制球難は影を潜め、「全体にバランスよく投げられた」と手応えを口にした。

 大きく振りかぶるワインドアップから、落ち着いたマウンドさばきを見せた。四回、いきなり京田に左翼線二塁打を浴び、1死三塁から阿部の適時打で1点を許した。だが、次打者の高橋周を慌てることなく遊ゴロ併殺打に仕留めて窮地を脱出。五、六回も走者を出しながらも崩れることなく切り抜けた。

 藤浪は「これからは打者をどう抑えるか、ゲームをどう作っていくかがより大事。しっかり練習していきたい」と前を見据えた。

 矢野監督は「変化球でカウントを稼ぐなど、いろんなことができていた。状態が上がってくれば、もっと圧倒的な抑え方ができると思う」と期待を寄せる。直球のスピードばかり注目されるが、本来の持ち味である打者の手元で鋭く曲がる変化球に磨きがかかれば、3年ぶりの開幕ローテーション入りも見えてくる。(上阪正人)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ