PR

スポーツ スポーツ

畑岡伸ばせず8打差27位 米女子ゴルフ第2日

第2ラウンド、ティーショットを放つ畑岡奈紗。通算2アンダーで27位=レークノナ・クラブ(共同)
第2ラウンド、ティーショットを放つ畑岡奈紗。通算2アンダーで27位=レークノナ・クラブ(共同)

 米女子ゴルフのゲインブリッジLPGAは26日、米フロリダ州オーランドのレークノナ・クラブ(パー72)で第2ラウンドが行われ、畑岡奈紗は17位から3バーディー、3ボギーの72と伸ばせず通算2アンダー、142で首位と8打差の27位に後退した。

 リディア・コ(ニュージーランド)が6バーディー、3ボギーの69で回り、通算10アンダーでトップを維持。ネリー・コルダ(米国)が1打差の2位につけた。13シーズンぶりに米ツアー大会出場のアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)は3バーディー、2ボギーの71として2オーバーの67位で予選通過。野村敏京は3バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの74で8オーバーで予選落ち。

 ■畑岡奈紗の話「ティーショットはほとんどフェアウエーに行っていた。タフなセーブパットもあったが、何とか我慢できた」(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ