PR

スポーツ スポーツ

3位高梨「何とも言えない気持ち」 世界選手権ジャンプ

 ■ノルディックスキーの世界選手権ジャンプ女子個人ノーマルヒル(ヒルサイズ=HS106メートル)で銅メダルの高梨沙羅の話「何とも言えない気持ちでいっぱい。風の状況がめまぐるしく変わり、誰が勝つかわからない中ではあったが、自分のやるべきことはできたと思う」

 ■伊藤有希(11位)の話「0・1点届かずにトップ10に入れなかったのは、ちょっと残念。でも今の自分のベストのジャンプはできた」

 ■丸山希(20位)の話「(踏み切りの)タイミングが合わなくなってしまった。満足いかないまま、思うように飛べずに終わってしまった」

 ■勢藤優花(22位)の話「こっちに来てから一番追い風を強く感じる日だった。もう少し上位を狙いたかったが、いい感覚で終われた」(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ