PR

スポーツ スポーツ

大関正代が師匠交代の思い吐露「成績に響いたと言われないように」

豊山(右)と相撲を取る正代=東京都墨田区の時津風部屋(代表撮影)
豊山(右)と相撲を取る正代=東京都墨田区の時津風部屋(代表撮影)

 大相撲の大関正代が25日、東京都墨田区の時津風部屋での稽古後に報道陣の代表取材に応じた。マージャン店などへ不要不急の外出を繰り返した前時津風親方(元幕内時津海)が退職し、師匠が新時津風親方(元幕内土佐豊)となったことについて、「やり方とかが変わるわけじゃない。今のところ特別な感じはない。落ち着いて対応できたらいい」と話した。

 正代は希望力士を対象にした合同稽古に参加せず、所属部屋で独自に調整を進めてきた。この日は同部屋の幕内豊山と9番相撲を取り、8勝1敗だった。

 3月の春場所(3月14日初日、両国国技館)に向けて今後は番数を増やしていく予定。「親方が代わったから成績に響いたとか言われるのはしゃくなので、言われないように頑張らないといけない」と意気込みを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ