PR

スポーツ スポーツ

阿武咲、白鵬に10勝20敗「楽しかった」 6日間の大相撲合同稽古終了 

白鵬(右)と相撲を取る阿武咲=両国国技館内相撲教習所(代表撮影)
白鵬(右)と相撲を取る阿武咲=両国国技館内相撲教習所(代表撮影)

 大相撲春場所(3月14日初日、両国国技館)に向け、希望力士を対象にした合同稽古の最終日が25日、国技館内の相撲教習所で行われ、横綱白鵬や小結高安ら9人の関取が参加した。

 平幕阿武咲(おうのしょう)は白鵬から稽古相手に指名され、10勝20敗と健闘。低い立ち合いから一気に押し出すなど存在感を示した。「本当にありがたいという気持ちで向かっていった。楽しかった。いい稽古をさせていただいたので、あとは自信を持ってやりたい」と、感謝の言葉を並べた。

 1月の初場所は前頭3枚目で9勝6敗と勝ち越し、三役復帰が近づいてきた。6日間の合同稽古を皆勤した24歳は「部屋に関取衆がいない。関取とこうやって胸を合わせられるのは全然違う」と手応えをつかんだ様子。春場所へ、「上位が久しぶりなのでワクワクしている。焦らずに地に足をつけて稽古をやっていければ」と力を込めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ