PR

スポーツ スポーツ

好タイム出やすい東京に選手集中 びわ湖毎日が歴史に幕

 現在開催されている国内の主要マラソン大会で最も長い歴史を持つびわ湖毎日マラソンが76回目となる2月28日のレースを最後に終了し、来年からは大阪マラソンに統合される。大津市の皇子山陸上競技場を発着点に、琵琶湖畔を走る風光明媚(めいび)なコースで知られる大会。過去には五輪金メダリストも優勝し、日本の男子マラソン界の発展にも大きく貢献してきた。しかし世界的に大規模マラソンが主流になり、高速化も進む中、その歴史に幕を下ろそうとしている。 (丸山和郎)

沿道に20万人

 大会が産声を上げたのは、終戦から間もない昭和21年10月のことだった。「全日本毎日マラソン選手権」として大阪で始まり、当初は大阪市のメインストリートである御堂筋も走るコースだった。

 大阪での最後の開催となった36年の第16回大会では、前年のローマ五輪で金メダルを獲得したアベベ・ビキラ(エチオピア)が優勝。翌年の第17回大会は大阪の交通事情悪化などを背景に、初めて滋賀県に舞台を移して開催された。

 東京五輪前年の38年と39年は、リハーサルを兼ねて五輪本番と同じ東京・国立競技場を発着点とするコースで行われた。五輪イヤーの第19回大会では君原健二(八幡製鉄)が35キロすぎから独走し、2時間17分11秒で優勝。2位の円谷幸吉(郡山自衛隊)、3位の寺沢徹(倉レ)までがそのまま東京五輪代表に選ばれ、日本のマラソン人気を高めるきっかけにもなった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ