PR

スポーツ スポーツ

【野球がぜんぶ教えてくれた 田尾安志】取捨選択する賢明さ

キャッチボールする巨人・桑田真澄投手チーフコーチ補佐(撮影・中井誠)
キャッチボールする巨人・桑田真澄投手チーフコーチ補佐(撮影・中井誠)

 巨人の投手チーフコーチ補佐に、桑田真澄が就いた。古巣のユニホームに袖を通すのは15年ぶり。現役引退後に早大や東大の大学院で学び、投手や野手の動作を研究。東大野球部などでアマチュア選手の指導も行った。豊富な知識や経験を買い、貴重な人材を“入閣”させた原辰徳監督の器の大きさを感じる。野球人にとって一番の成功は、ユニホームを着ていられること。本当に良かった。

 球界のOBらがチームをつくって対戦する「サントリードリームマッチ」では、僕が監督で桑田が選手だった。出番を頼むと、即座に「はい、やります」と答え、本職の投手だけでなく、遊撃手も意欲的にこなしてくれた。50代だが、動きも若々しい。味方として、頼もしさを覚えた。

 そんな桑田だからこそ、理論を言葉で伝えるだけでなく、自身が実演して手本を示したい気持ちもあるはず。「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」。連合艦隊司令長官、山本五十六の名言の精神で選手を育てることができる人物だと思う。

 大切なのは、教わる側の姿勢だろう。プロ野球界には多種多様な指導法があり、選手それぞれに合う、合わないがある。桑田のコーチングにも、同じことが言える。選手はアドバイスをうのみにするだけでは、いけない。さまざまな考え方を広く学び、取捨選択する賢明さを持ってほしい。そうでなければ、疑問をぶつけて正解を導き出せない。視野が広く、たくさんの成功と苦労を体験してきた桑田と接するのは、自身の引き出しを増やすチャンス。意欲を持って教えを請うてほしい。

 これまでは、2軍監督の阿部慎之助が「ポスト原監督」の最有力候補とみられていた。多くのメディアが、そうにおわせる報道も行っている。桑田の復帰は静かな湖面に、波紋を広げるかもしれない。半面、既定路線で凝り固まっていた組織に、良い刺激を与えるのではないかとも思う。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ