PR

スポーツ スポーツ

「もっとがむしゃらにアピールしていく」と吉川 主力初参加の紅白戦で本塁打

3回、本塁打を放つ吉川尚輝。原タワー右端は原辰徳監督=那覇市の奥武山公園(撮影・桐原正道)
3回、本塁打を放つ吉川尚輝。原タワー右端は原辰徳監督=那覇市の奥武山公園(撮影・桐原正道)

 巨人の吉川が22日、那覇市で行われた5イニングの紅白戦に主力組の9番二塁で先発出場し、本塁打を放って存在感を示した。

 吉川は先頭打者で迎えた三回、3ボールから伊藤優の4球目を強振して左へソロを運んだ。「芯で捉えてしっかり振れた」。重点的に強化してきた逆方向へのアーチに照れ臭そうに笑った。今季初実戦だった梶谷、坂本、丸が1~3番に並んだ打線から快音が響かない中で、吉川がきっちりと結果を残した。

 キャンプは調整を個々に任されたS班でスタートした。「(出塁率と長打率を足した)OPSを高めろ」という原監督の“宿題”に取り組んできた。成果を目にした指揮官は「まだまだ可能性を秘めている」と満足そうにうなずいた。「もっとがむしゃらにアピールしていく」と吉川。残りわずかとなったキャンプでさらに自らを磨いていく。(五十嵐一)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ