PR

スポーツ スポーツ

大坂選手の祖父「本物になってきた」 全豪2度目の優勝に

テニスの全豪オープン女子シングルスで2年ぶり2度目の優勝を果たし、トロフィーを手に撮影に応じる大坂なおみ=20日、メルボルン(ロイター) 
テニスの全豪オープン女子シングルスで2年ぶり2度目の優勝を果たし、トロフィーを手に撮影に応じる大坂なおみ=20日、メルボルン(ロイター) 

 全豪オープン女子シングルスで大坂なおみ選手が同大会2度目の優勝を果たしたのを受け、祖父鉄夫さん(76)=北海道根室市=が20日夜に電話での代表取材に応じ、「本物になってきた。孫ながら尊敬する」と喜びを語った。

 大坂選手は大会開催地メルボルンでの記者会見で、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗前会長による女性蔑視発言について批判。鉄夫さんはこうしたことを振り返り「コートの中だけではなく、人間的にもトップアスリートになっている」とも述べた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で現地に足を運べず、鉄夫さんは20日の決勝は自宅のテレビで観戦。「(コロナが)落ちついたらウィンブルドン選手権などを見に行きたい」とほかの四大大会での孫の活躍へ期待を口にした。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ