PR

スポーツ スポーツ

池江、瀬戸は3位、牧野優勝 競泳の東京都オープン

女子100メートルバタフライ予選 力泳する池江璃花子=東京辰巳国際水泳場(代表撮影)
女子100メートルバタフライ予選 力泳する池江璃花子=東京辰巳国際水泳場(代表撮影)

 競泳の東京都オープンは20日、東京辰巳国際水泳場で開幕し、白血病が判明してから初めてバタフライのレースに出た池江璃花子(ルネサンス)は女子100メートルバタフライで59秒44の3位だった。東京五輪代表選考会を兼ねる4月の日本選手権参加標準記録をクリアした。牧野紘子(東京ドーム)が58秒63で勝った。

 男子の400メートル個人メドレーは井狩裕貴(イトマン近大)が4分12秒84で1位。瀬戸大也(TEAM DAIYA)は4分20秒41と大きく遅れて3位だった。100メートルバタフライは水沼尚輝(新潟医療福祉大職)が51秒54で制した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ