PR

スポーツ スポーツ

神鋼、トヨタなど白星発進 延期のラグビーTL開幕

前半、神戸製鋼・FW中島イシレリがトライ=大阪府東大阪市の花園ラグビー場(岡本義彦撮影)
前半、神戸製鋼・FW中島イシレリがトライ=大阪府東大阪市の花園ラグビー場(岡本義彦撮影)

 ラグビーのトップリーグ(TL)は20日、東京・秩父宮ラグビー場などで5試合が行われて開幕し、ホワイト・カンファレンス(白組)で一昨季の王者神戸製鋼がNECを47-38で下し、パナソニックはリコーに55-14と快勝した。

 レッド・カンファレンス(紅組)のトヨタ自動車は東芝に34-33で競り勝った。NTTコミュニケーションズはホンダに41-13で、クボタはサニックスに43-17でそれぞれ勝利した。

 新型コロナウイルスの影響で、TLは昨季はシーズン途中で中止。来季は新リーグに移行するため最後のシーズンとなる今季も、選手に感染者が多数出たため約1カ月遅れで始まった。開催方式も短く変更され、16チームを紅白2組に分け、1回戦総当たりのリーグ戦を行った後、下部トップチャレンジリーグの上位4チームを合わせてトーナメント戦に移る。決勝は5月23日に行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ