PR

スポーツ スポーツ

池江璃花子「自信なくしかけた」 復帰初のバタフライは3位

女子100メートルバタフライ予選 力泳する池江璃花子=東京辰巳国際水泳場(代表撮影)
女子100メートルバタフライ予選 力泳する池江璃花子=東京辰巳国際水泳場(代表撮影)

 競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)が20日、東京辰巳国際水泳場で行われた東京都オープンの100メートルバタフライで59秒44の3位に入った。最も得意なバタフライを白血病から復帰後にレースで泳ぐのは初めて。東京五輪代表選考会を兼ねる4月の日本選手権参加標準記録を突破したが、この種目での日本選手権挑戦について「今日のレースで若干、自信をなくしかけたというのが正直な気持ち」と慎重だった。

 56秒08の日本記録を持つ池江は昨年8月に実戦復帰した後、体への負担を考慮して自由形の50メートルと100メートルにしか出場していなかった。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ