PR

スポーツ スポーツ

京口、3度目防衛戦に自信 スタミナ不安なし

12ラウンドのスパーリングを行った京口紘人(右)。左は4ラウンド相手を務めた森且貴(ワタナベジム提供)
12ラウンドのスパーリングを行った京口紘人(右)。左は4ラウンド相手を務めた森且貴(ワタナベジム提供)

 世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級スーパー王者の27歳、京口紘人(ワタナベ)が19日、3度目の防衛戦(3月13日、米テキサス州ダラス)に向けた練習を東京都品川区の所属ジムからオンラインで公開し「仕上がりは結構いい。米国のファンにアピールしたい」と自信を漂わせた。アクセル・アラゴン・ベガ(メキシコ)と対戦する。

 12ラウンドのスパーリングで終盤4ラウンドを公開した。自身の新型コロナウイルス感染で昨年11月の世界戦が中止となったが、この日は左ジャブ主体に積極的に前に出てスタミナの不安を感じさせなかった。

 減量は順調で、ジム関係者が練習の送迎を行うなどコロナ対策も入念だ。「いい環境をつくってもらえている。しっかりコンディションを整えたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ