PR

スポーツ スポーツ

橋本聖子氏、新会長就任へ 五輪組織委、要請受諾 午後理事会で正式決定

記者団の取材に応じる橋本聖子五輪担当相=17日午後、東京都千代田区永田町(春名中撮影)
記者団の取材に応じる橋本聖子五輪担当相=17日午後、東京都千代田区永田町(春名中撮影)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、理事会を開き、新会長候補として橋本聖子五輪相(56)を承認したことが関係者の話で分かった。同日、新会長を選定する「候補者検討委員会」の第3回会合を開催。引き続き行われた、この日1回目の理事会で検討委が橋本氏を推薦し、本人も受諾したと報告された。午後に行う評議員会、2度目の理事会を経て就任が決まる。

 理事会の冒頭で、議長を務めた遠藤利明副会長は「(理事会で)新会長にふさわしい方について一致し、それぞれの立場で盛り上げてサポートしたい」とあいさつした。

 女性蔑視発言の責任を取って会長辞任を表明した森喜朗氏の後任を決める検討委は、御手洗冨士夫名誉会長が委員長を務め、元選手の理事ら8人で構成。17日の第2回会合で国際的知名度や組織運営能力など5項目の観点から候補を選考。夏季、冬季合わせて7度の五輪出場に加え、男女共同参画担当相を兼ねるなど政治経験も豊富な橋本氏に一本化し、就任要請を決めた。

 組織委の定款は、理事から1人を会長にすると規定。橋本氏は理事ではないため、評議員会で理事に選任した上で、理事会の互選で会長に選出される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ