PR

スポーツ スポーツ

大坂が2年ぶりの4強入り 全豪テニス

 女子シングルス準々決勝で、謝淑薇と対戦する大坂なおみ=メルボルン(共同)
 女子シングルス準々決勝で、謝淑薇と対戦する大坂なおみ=メルボルン(共同)

 テニスの全豪オープン第9日は16日、メルボルンで行われ、女子シングルス準々決勝で第3シードの大坂なおみ(日清食品)が世界ランキング71位の謝淑薇(台湾)を6-2、6-2で下し、初優勝した2019年大会以来2年ぶりの4強入りを果たした。準決勝では第2シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)と第10シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)の勝者と対戦する。

 過去の対戦で4勝1敗とリードしていた大坂は相手の緩急をつけたプレーに対応し、一度もブレークを許さなかった。(共同)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ