PR

スポーツ スポーツ

春場所の観客数も1日上限5000人 日本相撲協会

 日本相撲協会は15日、新型コロナウイルスの影響で大阪から東京に会場を変更して行う3月の大相撲春場所(3月14日初日、両国国技館)について、1月の初場所同様に観客数を1日上限5千人に制限して行うことを発表した。通常4人が座る升席は2人に制限し、椅子席は前後左右1席ずつ空けて使用する。

 感染対策も初場所と同じ。アルコール飲料は持ち込み禁止で、座席では最低限の水分補給のみ。食事は特設の飲食スペースで取る。また、声援を控えて拍手による応援を推奨する。

 入場券販売は2月28日に同協会の販売サイト「チケット大相撲」で開始し、3月7日からは「チケットぴあ」のサイトなどでも販売する。先行抽選、コンビニ販売は実施せず、国技館窓口での当日券販売は未定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ