PR

スポーツ スポーツ

佐藤慧は2回目失敗し初表彰台逃す W杯ジャンプ個人第21戦

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子個人第21戦で、23歳の佐藤慧一(雪印メグミルク)は1回目2位。タイミングがぴったり合ったという踏み切りからきれいな空中姿勢で飛距離を伸ばし、「追い風もそれなりにあったが、あまり影響を感じないくらい進んでいった。いいジャンプだった」と手応え十分だった。

 しかし2回目は「狙いにいって助走路の部分で(体が)前に行きすぎた。タイミングが遅れた」と失敗し、着地すると苦笑い。初の3位以内を逃し、「こういうときに勢いに乗って、表彰台にぽんと乗れればよかったけど」と落胆した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ