PR

スポーツ スポーツ

小林陵、葛西に並ぶ17勝目 W杯ジャンプ男子第20戦

W杯ジャンプ男子個人第20戦で優勝し、表彰式で笑顔を浮かべる小林陵侑(中央)=ザコパネ(共同)
W杯ジャンプ男子個人第20戦で優勝し、表彰式で笑顔を浮かべる小林陵侑(中央)=ザコパネ(共同)

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は13日、ポーランドのザコパネで個人第20戦(ヒルサイズ=HS140メートル)が行われ、一昨季の個人総合王者、小林陵侑(土屋ホーム)が合計268・9点で今季初優勝し、48歳の葛西紀明(土屋ホーム)に並ぶ日本男子最多の通算17勝目を挙げた。

 1回目に136・5メートルを飛んで4位につけ、2回目に134・5メートルで逆転。2位と0・3点差の大接戦を制した。

 佐藤幸椰は12位、佐藤慧一(ともに雪印メグミルク)は16位。中村直幹(東海大札幌ク)は28位だった。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ