PR

スポーツ スポーツ

千五百で高木美ら国内最高 全日本選抜スピード

 スピードスケートの全日本選抜競技会長野大会最終日は13日、長野市エムウエーブで行われ、女子1500メートルは世界記録保持者の高木美帆(日体大職)が1分52秒78で優勝した。自身の国内最高を一挙に1秒30短縮。今大会は1000メートル、3000メートルと合わせ、出場3種目全てで国内最高を塗り替えた。小平奈緒(相沢病院)が1分55秒38で2位、高木菜那(日本電産サンキョー)が3位。

 男子1500メートルはウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)が1分44秒95の国内最高記録で制し、一戸誠太郎(ANA)が1分45秒39、小田卓朗(開発計画研究所)も1分45秒67と好タイムで続いた。

 男子1万メートルは土屋良輔(メモリード)が国内最高となる13分14秒80、女子5000メートルはウイリアムソン・レミ(大東大)が7分15秒86で勝った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ