PR

スポーツ スポーツ

松山出遅れ70位「とにかくパット」 米男子ゴルフ

 米男子ゴルフのフェニックス・オープン第1ラウンド、2016、17年と大会2連覇を果たした得意コースで、松山英樹は苦戦した。1番で3メートル弱、2番は5メートルのチャンスを逃す。パー5の3番は第3打を寄せて伸ばしたが、4番でボギー。後半も流れは変わらずパー5の15番をバーディーとした直後に1つ落とし、続く17番で1メートル半のバーディーパットを外すと落胆を隠せなかった。

 スイングコーチを務める目沢秀憲氏が今週は現地入り。フェアウエーを4度しか外さなかったティーショットは上々だったが、70位と出遅れ、「とにかくパット。入らなかったら何を言っても一緒」と厳しい表情で調整に向かった。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ