PR

スポーツ スポーツ

小平5打差21位、松山は70位 米男子ゴルフ第1日

 米男子ゴルフのフェニックス・オープンは4日、アリゾナ州スコッツデールのTPCスコッツデール(パー71)で第1ラウンドが行われ、小平智は1イーグル、5バーディー、4ボギーの68で21位につけた。松山英樹は2バーディー、2ボギーの71で70位。

 米国勢が上位を占め、マシュー・ニースミスとマーク・ハバードが63で首位に並び、ネート・ラシュリーとサム・バーンズが1打差3位につけた。

 ■小平智の話「ドライバーを替えて飛距離も出ていたから、アイアンショットも攻めていけた。ショートパットでもったいないものもあったが、長いのが入ってくれている。久々の拍手と歓声でテンションが上がって楽しかった」

 ■松山英樹の話「なかなかパットが決まってくれなかった。8番でいいパーパットが入ったので流れ良くできるかと思ったが、その後も入らず苦しいラウンドだった」(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ