PR

スポーツ スポーツ

周回コースの大阪国際、五輪に向け貴重な知見に

残り1周の鐘を鳴らす運営スタッフ。周回レースならではの光景だ=1月31日、大阪市東住吉区の長居公園(須谷友郁撮影)
残り1周の鐘を鳴らす運営スタッフ。周回レースならではの光景だ=1月31日、大阪市東住吉区の長居公園(須谷友郁撮影)

 国内では異例といえる周回コースでのマラソンとなった第40回大阪国際女子マラソン。1周約2・8キロと、短く単調な周回路を選手は走った。沿道からの声援もない。日本陸連の尾県貢(おがた・みつぎ)専務理事は「マラソンを文化へと引き上げるためには、街中を走って応援してもらうのが一番」と率直に語った。

 新型コロナウイルス感染の収束の見通しが立たない中、日本陸連などは不測の事態に備え、昨秋の段階で今回の周回コースについて世界陸連に認証を取っていた。ただ、関係者は「まさか使うことになるとは思わなかった」と打ち明ける。年が明けてから緊急事態宣言が再発令され、沿道の密集を避けるには周回コースが限られた手段だった。

 今夏の五輪では、マラソンは札幌市で約20キロのルートを1周した後、約10キロを2周する変則的なコースで開催される。周回路にはスタッフやボランティアの人員削減を図れるメリットもあり、今回の大阪国際は陸連にとっても一つの知見を得たことになる。

 コロナ禍でスポーツ大会を開催することには賛否両論ある一方、練習の成果を発揮できる場がなければアスリートは精神的に追いつめられていく。尾県専務理事は「スポーツの灯を決して消さないようにしたい」。大会の実績を一つ一つ積み上げていくことが、東京五輪への道標になる。 (丸山和郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ