PR

スポーツ スポーツ

「久々のマラソン楽しみ」 大阪国際へ前田はいつも通り淡々

記者会見で前田穂南は落ち着いた口調で抱負を語った=1月29日午後、大阪市中央区(鳥越瑞絵撮影)
記者会見で前田穂南は落ち着いた口調で抱負を語った=1月29日午後、大阪市中央区(鳥越瑞絵撮影)

 31日に開催される大阪国際女子マラソンに向け、抱負を語る前田穂南(天満屋)の口調は、いつも通り落ち着いたものだった。「当日、どうなるか分からないけど、2時間20分切りを目指して走っていきたい」。武冨監督によると、昨年末に左足を少し痛めて1週間ほど練習を抑えたものの、年明けからは順調に準備できている。むしろ“けがの功名”で、疲労が抜けたことがプラスに働いたという。

 2019年のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で優勝し、東京五輪への出場を決めてから、次の目標を2時間19分12秒の日本記録更新に据えてきた。

 練習の設定タイムを1000メートルあたり2~3秒上げるなど速さを追求。その過程で、スピード練習に対して抱いていた苦手意識は消えていった。「前年に比べて楽にスピードに乗って走れたり、力が付いたなと感じる」。この自信はレース本番で大きな後押しになるだろう。

 コースが周回に変更されたことは、ほとんど気にしていない。「マラソンは久々になるので、走れることが楽しみです」。新鮮な気持ちで、MGC以来、約1年4カ月ぶりの42・195キロに臨む。 (宝田将志)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ